イメージ調査

認知度はVAIO、購入意向はアップルが1位

 今後はどのようなパソコンに注目が集まっていくのか。それを展望するため、1万9760人の回答によるパソコンの認知度と今後購入したいメーカーの集計結果を見ていこう。

●各製品の購入検討比率と認知度 ベスト10
図18 各社パソコンの主要ブランドについて認知度を聞いた。回答者が具体的な製品の内容を知っているかを見るための指標として、「購入したことがある」「購入を検討したことがある」「実物を見た/使ったことがある」の比率を加算して、上位10製品を抽出した
[画像のクリックで拡大表示]

 各社のパソコン製品のブランド名に対する認知度を聞いたところ、1位になったのはソニーのVAIO(図18)。ノートとデスクトップで同じブランド名を使っているためか、「購入したことがある」の比率は30%を超えた。続いて東芝やNECと国内大手メーカーのブランドが並ぶ。

 富士通は、2010年夏に従来の「FMV-BIBLO」「同DESKPOWER」から「FMV LIFEBOOK」「同ESPRIMO」に刷新した。その影響で、FMV LIFEBOOKが10位に入るだけにとどまった。

 次に購入したいメーカーでは、アップルが1位になった(図19)。購入したい理由は「デザインが良い」「操作性や使い勝手が良い」を選んだユーザーが多く、それぞれ68.8%と58.9%だった。2位はNEC、3位はデルとなった。NECを購入したい理由は「信頼できる」が最も多く、50.7%だった。デルは「コストパフォーマンスが高い」が74.6%だった。

●次に購入したいメーカー ベスト10
図19 全回答者に「次にパソコンを買うとしたらどのメーカーを選ぶか」を聞いた。iPhoneやiPadなどの製品で存在感を高めているアップルが1位となった。2位のNEC、3位のデルはほぼ同じ比率となった
[画像のクリックで拡大表示]
ランキング分析の詳細版を発行

 日経パソコンは2011年9月、日経BPコンサルティングと共同で、本特集の調査をより詳細に分析したレポート「パソコン満足度調査 2011」(ノート編/デスクトップ編)を発行します。

 性能・機能、操作性・使い勝手、デザイン、コストパフォーマンス、サポートといったジャンルについて、それぞれより詳細な評価項目に分けて満足度を集計。さらに性別・年代・購入時期などでクロス分析しました。各設問に寄せられた自由意見も収録しています。

「パソコン満足度調査 2011」紹介Webサイト
http://nkbp.jp/npccs2011
出典:日経パソコン 2011年8月22日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。