米マイクロソフトは2011年6月2日、開発中の次期主力OS「Windows 8」(開発コード名)のプレビューイベントを台湾・台北市で開催。パートナー企業や報道関係者の前でWindows 8のユーザーインターフェース(UI)を初めて披露した。

 この日登壇したのは、米マイクロソフト コーポレート・バイス・プレジデントのMichael Angiulo氏(図1)。同氏は「Windowsは20年以上の間、コンピューティングの変化に常に寄り添ってきた。今回のWindows 8ではタブレット端末でも、マウスとキーボードによる従来の操作体系でも使いやすいUIを実現したほか、タブレット端末で求められるスリープ状態からの高速復帰、長時間のバッテリー駆動などを実現した」と前置き。さっそくWindows 8の紹介に入った。

図1 台湾・台北市で開催したプレビューイベントでWindows 8を紹介する、米マイクロソフト コーポレート・バイス・プレジデントのMichael Angiulo氏
[画像のクリックで拡大表示]

 最初に見せたのはWindows 8のスタート画面(図2)。これまでのWindowsと大きく異なり、さまざまなアイコンをタイル状に敷き詰めたスタイルを採用した。アプリ起動用のアイコンのほか、受信メールや連絡先、SNSで自分宛に送られたコメントなどもアイコンの1つとして表示される。「タブレットでタッチ操作することを前提として、使いやすいUIを開発した」と説明する。iOSやAndroidのメイン画面と同様、スタート画面は左右にスクロールでき、さまざまなアイコンを整理して配置できる。Angiulo氏は実際に画面を指で左右にスクロールし、レスポンスの速さをアピールした(図3)。

 次に見せたのは天気予報のアプリ(図4)。スタート画面と統一感のあるUIを採用し、大きな文字で予報を表示する。「開発者向けに、HTML5ベースでUIを設計できるアプリケーション開発環境を用意する」とした。

図2 Windows 8のスタート画面。基本的には画面を3×3に区切ってアイコンを配置している。アイコンはアプリだけではなく、受信メールや連絡先、SNSのコメントなどさまざまだ
[画像のクリックで拡大表示]

図3 スタート画面を指で左右にスライドして切り替える。動作が軽快でストレスを感じさせないことをアピール
[画像のクリックで拡大表示]

図4 天気予報のアプリ。タブレットでも見やすいよう、大きな文字になっている。UIに統一感を持たせるよう、HTML5ベースでUIを作れるアプリ開発環境を用意するという
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら