NVIDIAには、グラフィックスやマルチメディア、チップセットで培ったドライバーやミドルウエアの実績が有り、Tegraでもその技術を生かしている。図1はTegra2のソフトウエアプラットフォームの概要を説明したものだ。サポートするOS、プラットフォームはGoogleの「Android」「Chrome OS」をはじめ、「Linux」もある。自動車のシステム用には「QNX」をサポートする。

 異なるOSへの対応やプログラムの開発を容易にするために、非営利の業界団体であるThe Khronos GroupのマルチメディアAPI(Application Programming Interface)群を採用している。これらはグラフィックス用の「OpenGL ES」「EGL」、マルチメディア用の「OpenMAX IL」およびこれらを包括する「OpenKODE」である。図1で「グラフィックス・マルチメディア・ライブラリー」とある部分だ。

●Tegra2のソフトウエアプラットフォーム
図1 Googleの「Android」「Chrome OS」をはじめ、「Linux」や自動車では「QNX」もサポートする。さまざまなOSに対応したり、プログラムの開発を容易にしたりするために、The Khronos GroupのAPI群を採用している。
[画像のクリックで拡大表示]

 図2に、KhronosのAPIを使用した場合のメリットをいくつか示した。一からプログラムを書かなくても、既に用意されている「OpenMAXコンポーネント」を組み合わせて、簡単にミドルウエアやマルチメディア/グラフィックスを連携させられる。この上に、ユーザーインターフェース、3Dゲーム/Flash/AV関連機能の各種エンジンを用意している(図1中のアプリケーションエンジン)。

●Khronos APIを使用するメリット
図2 「OpenMAX」はマルチメディア処理のクロスプラットフォームAPIの一種。コンポーネントを接続する形で、さまざまな処理をするミドルウエアを比較的簡単に作れる。OpenGL ESとの連携も容易だ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら