国内大手のパソコンメーカーが作る高性能モバイルノート。これに欠かせない基幹部品の一つに、薄型軽量でありながら解像度や輝度の高い、高性能液晶パネルがある。しかし、このパネルが2010年末~2011年前半にも入手できなくなってしまう。このため、モバイルノートが設計変更で大きくなることも考えられ、パソコンメーカー各社が対応に追われている。

 騒動の発端となったのは、東芝の液晶パネル子会社である東芝モバイルディスプレイ(TMD)がノートパソコン向け液晶パネルの製造から撤退すること。 TMDの親会社である東芝やパナソニックをはじめ、国内大手の高性能モバイルノートで採用されている液晶パネルは、TMDがほぼ一手に開発・生産を引き受けている。その背景にあるのが、TMDの技術力の高さだ。とりわけ液晶パネルの薄型化では、パネル表面のガラス層を化学薬品で溶かし、さらに均一に研磨して0.2mmまで薄くするという随一の技術を持っていた。「TMDの薄型液晶パネルは厚さ2.6mm。海外製の汎用の液晶パネルだと厚さ4.1mmになる」「10型クラスの液晶パネルで、TMD製は海外製の汎用パネルより70~80gも軽い」と、パソコンメーカー各社はTMDの技術力を高く評価する。加えてTMDは、超高解像度のパネルや特殊なアスペクト比のパネル、汎用品より高輝度のパネルなど、各パソコンメーカーの要望に応じた特注品も多く手掛けていた。

●薄型パネルを生産終了
薄型軽量ながら、解像度や輝度などの性能も高いと定評のあったTMD製の液晶パネル。表面のガラス層をわずか0.2mmまで研磨する独自技術を持っていた。シンガポールの子会社を台湾メーカーに売却し、2010年末をめどにノートパソコン用液晶パネルの量産を終了

 高い技術力を誇ったTMDだが、安価なパネルを大量に出荷する台湾や韓国の液晶パネルメーカーに押され、近年は年間100億円を超える赤字が続いた。東芝は2010年、ノート向け液晶パネルを量産しているTMDのシンガポール子会社を台湾同業大手のAUオプトロニクス(AUO)に売却した。現在はTMD からAUOへの生産委託という形で、以前と同様の薄型パネルの生産が続いているが、AUOはノート向け液晶の量産ラインを停止する意向。2010年末前後の納品分を最後に、モバイルノートメーカーはTMDの薄型パネルを購入できなくなる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら