現在、BlackBerryでは、新しく使えるようになったAppWorldと、NTTドコモが以前から運営しているスマートフォンアプリサイトなどからソフトウエアを入手できます。今回は、BlackBerry Bold 9700で動作するソフトウエアをいくつか紹介することにしましょう。今回紹介するものは、すべてフリーソフトです。

RIM公式アプリ

 RIMが開発したソフトウエアは、AppWorldやRIMのサイトからダンウロードして利用します。これまでに紹介したものもありますが、以下のようなものがあります。

 Windows Liveメッセンジャー。日本でもユーザーの多い、マイクロソフトのWindows Live(旧MSN)メッセンジャー。ただし、プロトコルのバージョンが少し前のもので、複数箇所のログオンには対応していない。もっとも、こちらでログオンすると、デスクトップでログオフされるのは、都合がいいともいえる。
[画像のクリックで拡大表示]

Facebook

 Facebook。海外で人気のFacebookの公式アプリケーション。筆者はあまり活用していないので評価できないが、使い勝手は悪くなさそうだ。
[画像のクリックで拡大表示]

Twitter

 Twitter。かなりユーザー数も増えてきたTwitterの公式アプリケーション。投稿時に、カメラを起動して撮影した写真を添付できるなど、機能は多い。また、通知方法をBlackBerryのプロファイルでまとめて管理できるのも便利。
[画像のクリックで拡大表示]

 このほかにもありますが、あまり日本でなじみがないものもあるので、ここでは割愛します。これらは、サービス用のアプリケーションなので、該当のサービスを使っていないければインストールする必要はありません。

 RIM公式アプリは、メッセージボックスに通知が入るなど、BlackBerryと高度に統合されているのが魅力です。同等のサービスを実現する他のクライアントもありますが(たとえばTwitterクライアント)、ほぼ標準組み込みのアプリケーションと同等に使えるのがメリットといえます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら