ノートのラインアップを拡充!
IdeaPadシリーズのニューモデル

 レノボ・ジャパンのコンシューマー向けノートPCブランドIdeaPadシリーズは、エントリーからハイエンドまでの新製品がラインアップされた。

 カラフルな天板がひときわ目を引く「IdeaPad U160」はPentium U5400を搭載した新世代のCULVノート。通信機能として、無線LANのほかWiMAX機能も実装。バッテリー駆動時間は7時間と長く、重さは1.4kg程度と軽い。オプションの3セルバッテリーを搭載すれば、1.25kgとなる。

 「IdeaPad S10-3t」は重さ1.5kg、9時間駆動のタブレットPC。静電容量式パネル採用でマルチタッチにも対応する。

【携帯ノート】IdeaPad U160

正方形を散りばめたデザインとアルミの質感を取り入れた天板は「スクエア・レッド」という新デザイン。

【携帯ノート】IdeaPad S10-3t

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら