2010年3月15日から17日まで、米国ラスベガスで米マイクロソフトが「MIX 10」を開催した。Webの開発者やデザイナー向けのカンファレンスである。このイベントに参加したWebアプリケーション開発の専門家による、レポート記事をお届けする。執筆は、Webサイトの開発やコンサルティングを手がける、セカンドファクトリーの技術陣である。(編集部)

 米マイクロソフト主催のウェブ開発者・デザイナー向けカンファレンス「MIX 10」では、過去4回にわたり“エクスペリエンス(Experience)”の重要性が語られてきた。今回は「Windows Phone 7」と「Internet Explorer 9」(IE9)など、さまざまなテクノロジーやサービスの提供を間近に控え、マイクロソフトが新たなフェーズへの方向性を提案するイベントとなった。

 ここでは、MIX 10での基調講演を軸に、Windows Phone 7とIE9の最新動向と、マイクロソフトが目指す方向性ついて紹介する。

「Windows Phone 7」とその開発環境
「Sliverlight 4」と新しい開発ツール
「Internet Explorer 9」は高速化と標準準拠
「エクスペリエンス」はコンセプトから現実へ

基調講演のファシリテーターを務めたスコット・ガスリー(Scott Guthrie)氏
[画像のクリックで拡大表示]

会場へ向かう廊下に投影されたイベント案内。前を歩くと画像が揺れる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら