スペックの読み方

富士通

[画像のクリックで拡大表示]

 13.3型液晶の携帯ノート。上位の「MG/G75」はCore i5や500GBのHDDなど携帯ノートとして高い性能を持っている。光学ドライブは着脱可能で、スーパーマルチ搭載で約1.66kg、取り外すと約1.52kgとなる。3つのUSB端子のうち1つはUSB 3.0に対応。タッチパッドの横に、円形になぞると上下にスクロールできるスクロールパッドを搭載する。

 据え置きでも、持ち歩いても使いやすいサイズで、高い処理性能と携帯性の両方を重視する人向きだ。下位の「MG/G70」はCore i3搭載でやや重くなるが、駆動時間は「MG/G75」より長い。OSはどちらのモデルも32ビット版が標準だが、リカバリーで64ビット版に変更できる。



[画像のクリックで拡大表示]

 富士通の小型ノート「FMVBIBLOLOOX U」がフルモデルチェンジ。CPUにAtom Z520、30GBのSSDを採用し、薄く軽いボディーが特徴だ。液晶は1280×800ドットの5.6型で、タッチパネル機能を搭載しWindowsタッチに対応する。液晶の両脇にはタッチ式のズームボタンやページUP/Downボタンなどを備える。キーボードは、従来モデルより広い約16mmのピッチを確保している。

 重さは495gで、バッテリー駆動時間は標準で約4時間。2つのUSB端子、Bluetooth、無線LANのほか、モバイルWiMAX機能を標準で内蔵する。デザインは質感を重視した光沢仕上げで、赤、ゴールド、黒の3色を用意する。



[画像のクリックで拡大表示]

 富士通のネットブック「FMV-BIBLO LOOX M」はデザインを一新。丸味を帯びたボディーになり、白、赤、黒の3色から選べる。

 CPUはAtom N450で、容量250GBのHDDを搭載。液晶は10.1型で、解像度は従来モデルより高い1366×768ドットとなった。OSはWindows 7 Starterを搭載する。

 タッチパッドの横に円形のスクロールパッドを備え、円くなぞることで上下のスクロール操作ができる。また、メインのパソコンとUSBケーブルで接続すると、外付けの記憶装置として認識され、簡単にデータ交換ができるようになった。下位モデルは、モバイルWiMAXを内蔵。上位モデルは、WiMAXなしでOffice(2年間ライセンス版)が付属する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら