MS-IMEとATOKだけじゃない

日本語入力ソフトへの注目が急速に高まっている。マイクロソフトとジャストシステムの2強が独占していたこの分野に、ネット系の開発企業が相次いで新製品を発表したためだ(図1)。

図1 無風地帯だった日本語入力ソフトの分野に、大手検索サイトが相次いで新製品を投入。いずれもフリーで一般公開されているので、誰でも利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 その第1弾は、グーグルが2009年12月に発表した「Google日本語入力」。それから数日と置かずに、中国で生まれた検索サイト大手の「百度(バイドゥ)」から、「バイドゥタイプ」が発表された。いずれも現在はベータ版の段階のため、サポートなどに制限はあるが、フリーで利用できるソフトとして公開されている。

 両社とも、ネット検索に使われた言葉を蓄積した、膨大なデータベースを持っている。これを生かして、最新の話題に関連した言葉をカバーしているのが特徴だ。

 それがよく表れているのが、話題になったばかりの固有名詞の変換。例えば、「ちょうのひさよし」→「長野久義」[注1]、「せかいかめら」→「セカイカメラ」[注2]などを一発で変換できる。

 日本語入力ソフトというと、Windowsに標準で付属する「Microsoft IME」(以下MS-IME)を使っている人が大半。一部のこだわりユーザーが、市販の「ATOK」(ジャストシステム)を使うという図式だった。ここ数年、大きな動きがなかったところに、ネット系の2製品が新たに登場したことで、いきなり注目度の高い“熱い”分野となった。

 では、新顔の使い心地を見てみよう(図2)。まず、Google日本語入力は、予測変換を備えているのが特徴。1文字入力するごとに、最初の文節を予測して候補に表示する。変換候補は縦方向に並ぶので、MS-IMEに近い感覚で操作できる。キー操作も、MS-IME風、ATOK風などを選べるほか、自分でカスタマイズすることもできるので、違和感なく使い始められる。

図2 Google日本語入力、バイドゥタイプともに、強力な予測変換が特徴。1文字入力するたびに、適切な候補を予測するので、効率よく日本語を入力できる
[画像のクリックで拡大表示]

 バイドゥタイプは、変換候補が横方向に並ぶ独特のスタイル。既存の日本語入力ソフトとは、見た目が大きく異なる。このため、最初は取っつきにくいかもしれない。しかし、文字を入力するごとに、文章全体を次々と予測変換していく機能は、他のソフトにはない。長目の文章を一気に入力するときに効率がよい。

 特に不満なくMS-IMEを使っているという人でも、これを機会に別の日本語入力ソフトを試してみてはどうだろう。自分に合ったソフトを見つけられるかもしれない。

 

[注1]プロ野球の2009年ドラフト会議で、読売巨人軍に1位指名された社会人野球の選手

[注2]頓智・(とんちドット)が提供する、iPhone向けのアプリケーション。iPhone内蔵のカメラと位置情報を活用して、さまざまな情報を検索できる

出典:日経PC21 2010年3月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。