グーグルは2009年12月3日、日本語入力ソフト「Google日本語入力」のベータ版を公開した。マイクロソフトの「IME」やジャストシステムの「ATOK」のように、パソコンにインストールして利用する。

 Webサイトから無料でダウンロードできる。対応OSは、32ビット版のWindows 7/Vista(SP1以降)/XP(SP2以降)のほか、Mac OS X Leopard(10.5)以降にも対応する。

 同ソフトは、同社のブログによると、「Webから機械的・自動的に辞書を生成することで、人手ではカバーしきれないような、新語、専門用語、芸能人の名前などを網羅的に収録している」という。

 早速、ベータ版を試してみたので、ファーストレビューをお届けする。

Google日本語入力をインストールしてみよう

 まず、Google日本語入力のページ(http://www.google.com/intl/ja/ime/)にアクセスし、「Google日本語入力ダウンロード」のボタンをクリックする。

「Google日本語入力ダウンロード」のボタンをクリック
[画像のクリックで拡大表示]

 サービス利用規約を読み、「同意してインストール」をクリックすると、自動的にダウンロードとインストールが実行される。自動的に実行されない場合は「ダウンロードできない場合はここをクリックしてください。」という箇所をクリックし、画面に従って実行する。

「同意してインストール」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

ダウンロードに続き、インストールが実行される

自動実行されない場合は「ここをクリック」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

 パソコンの性能にもよるが、1分程度でインストールは終了する。終了後、ダイアログが表示されるが、環境によってそのまま使えるケースと、一旦ログオフする必要がある場合があるので、そのダイアログの指示に従う。

Google日本語入力を既定のIMEに設定する場合は、チェックボックスをオンにする

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら