BlackBerry Boldは、一般的なヘッドホンが使えるミニプラグ(3.5mm径のプラグ)用ジャックを装備しています。しかし、ケーブルの取り回しは面倒なものです。これは、ワイヤレスで利用できるBluetoohヘッドホンを使えば解決します。

 利用するためには、あらかじめ、BluetoothヘッドホンをBoldに登録します。これをペアリングといいます。また、Bluetoothヘッドホンの中には、通話用のヘッドセット機能を持つものがあり、これを使えば、Boldを持たずに通話が可能になります。

まずは、オプションのBluetoothで、デバイスとペアリングする
[画像のクリックで拡大表示]

 Bluetoohヘッドホンには、大きく2種類あります。本体側の音楽再生機能を制御できるものとそうでないものです。簡単にいえば、リモコン機能の有無です。リモコン機能のあるものだと、Blodをさわらずに、次の曲へ進めたり、停止させることも可能です。

 いろいろな人に話を聞くと、音楽を聴くときに頻繁に操作する人と、一度再生させたらほとんど操作しない人がいるようです。頻繁に操作する人にとっては、リモコン機能の有無は必須とも言えます。

 もう1つの区別としては、ヘッドホン部分とBluetooth機能が一体化しているものと、ヘッドホン部分が分離でき、手持ちのヘッドホンを接続して利用できるものがあります。前者の方が手軽で、ケーブルもなくすっきりしています。音質や音の好みで選ぼうとすると、実際に使ってみないと分かりません。しかも、この手のオーディオ機器は、購入直後と、しばらく使ったあとで音が違ってくることが少なくありません。高級な製品だと、エージングといって、工場で製品が作られたあと、しばらく動作させてから出荷するのですが、安価な機器では、エージングが行われることはほとんどありません。

 このため、最初は音に違和感があっても、しばらく使っていると、音が変わってくることもあります。Bluetoothヘッドホンに限らずこうしたオーディオ機器は、購入したら、しばらく鳴らし続けて(聞いている必要はありません)から使い始めるといいでしょう。
 ヘッドホン部分が分離できるものは、好みのヘッドホンが使えます。ノイズキャンセリング機能のついたヘッドホンも利用できます。

 今回は、手元にあった2製品を試してみました。ロジクールの「FreePulse Wireless Headphones」と、ソニーの「VGP-BRM1 Bluetooth オーディオコントローラー」です。どちらも最新の機種ではありませんが、問題なく使えました。ロジクールのものはヘッドホン一体型でリモコン機能はありません。ソニーのものは、ヘッドホン端子がありリモコン機能も備えています。ハンズフリー機器としても利用できます。

ロジクールのFreePulse Wireless Headphones。写真右手前の送信機と組み合わせて使う
[画像のクリックで拡大表示]

ソニーのVGP-BRM1 Bluetooth オーディオコントローラー。本体底部にヘッドホンジャックがあり、ここにヘッドホンを接続して利用する
[画像のクリックで拡大表示]

 Boldでは、1回ペアリングした機器が再度接続を要求すると、画面にメッセージが出て、接続の可否を確認するようになっています。このときにダイアログで、「この質問を今後表示しない」をオンにすると、次回からはBluetooth機器の電源を入れると、自動的に接続されるようになります。ただし、一部のBluetooth製品は、電源を入れても自動的に接続開始にならないようです。

Bluetoothヘッドホンの電源を入れると、ヘッドホン側が接続を開始する。このときBoldには、このようなメッセージが表示される。下のチェックボックスをオンにしておくと、次回からは自動的に接続できる
[画像のクリックで拡大表示]

 Boldのメディアプレーヤーは、Bluetoothヘッドホンが接続されると自動的に、再生先をBluetoothヘッドホンに切り替えます。スピーカーで音楽を再生している途中でも、Bluetoothヘッドホンを接続すれば、音声の出力先は、Bluetooth側に切り替わります。

 また、音楽の再生中にBluetoothヘッドホンがオフになり接続が切れると、メディアプレーヤーは再生を停止します。勝手にスピーカーから音が出てしまうことはありません。このため、音楽を聴くのをやめるときには、Bluetoothヘッドホンをオフにするだけでいいのです。

 このような動作になっているので、Bluetoothヘッドホンを使うと、音楽操作のためにBoldを操作する必要がほとんどありません。リモコンのない機種では、Bold側で再生を開始する必要はありますが、止めるときには操作不要です。

接続が完了すると、画面右下のアイコンがスピーカーからBluetoothアイコンに変わる
[画像のクリックで拡大表示]

接続が切れると、自動的に再生は停止し、画面右下のアイコンがスピーカーのものに変わる
[画像のクリックで拡大表示]

 Bluetoothは、無線を使うため、場合によっては、周囲の影響を受けます。筆者の自宅では、再生がとぎれることはほとんどないのですが、外出先で使うと音がとぎれてしまうことがあります。これは、他の無線やノイズなどが原因で、とぎれやすい場所とそうでない場所があるようです。

 音がとぎれるのは絶対イヤという人もいるようですが、筆者は、ケーブルが絡まったり、引っかかることがなくなるのなら、ときどき音がとぎれるのは我慢の範囲だと思って使っています。

 Boldでは、フル充電しておけばBluetoothヘッドホンを使っても8時間以上の音楽再生が可能でした。もっとも、8時間たった時には、バッテリーのインジケーターが1つになりオレンジ色になって、バッテリーがなくなりかけていることを示す状態になっていました。

 むしろ気にしなくてはならないのが、Bluetooth機器側のバッテリー駆動時間です。今回試した2製品では、ソニーの方が長いようで、ロジクールの製品はBoldよりも先にバッテリーがなくなってしまいました。Bold用としてBluetoothヘッドホンを探すときには、10時間ぐらい連続再生できるものを選んだほうがよいようです。