【A4ノート】dynabook TXシリーズ dynabook TX/66KWH

[画像のクリックで拡大表示]

定番ノートがフルモデルチェンジ
全モデルにブルーレイを搭載!

 dynabook TXシリーズは、A4ノートの中でも、最も売れ筋の1台だ。今シーズンは、ボディーを変更したフルモデルチェンジを果たしている。前シーズン新登場したdynabook TVシリーズと共通デザインとなった。

 外観はdynabookシリーズらしく、樹脂の光沢を生かしたデザインであり、なかなか高級感がある。キーボードは光沢を抑えたセミグロッシータイプを採用。周囲のメッキ部分もやや控えめで、前モデルよりも落ち着いた印象になった。黒はかなり派手だが、清潔感のある「リュクスホワイト」は、万人ウケしそうなカラーリングだ。最大の特徴は、テンキーを搭載したこと。表計算ソフトの利用にはとても便利だ。

 また、ついに東芝もブルーレイを採用。TXシリーズは全モデルがブルーレイディスクドライブ搭載となった。

 スピーカーは、harman/kardonを採用し、ドルビーサウンドルーム、Maxx Audioのサウンド技術を採用し、実用ノートとしては音質も上々。スピーカーのデザインも新しくなっている。

 OSはWindows 7 Home Premiumで、64ビット版か32ビット版を選択できる「セレクタブルOS」を採用。メモリーが最大8GBまでの対応となっており、最大容量をフルに生かした、64ビットのリッチな環境も構築できるのだ。HDDは前モデルの400GBから500GBにアップしている。

購入のポイント!

全モデルがブルーレイ搭載で、やや位置付けが上位になった。毎シーズンかなり値下がりしているので、今期も期待したい。「TX/65KWH」は最安のブルーレイモデルになりそうだ。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら