Atomがネットブックとネットトップだけにしか使われなかったら、Intelにとって大失敗だ。それは、Atomの本当の目的が、廉価版のPCを作ることではなく、Intelの市場を組み込み市場へ伸ばすことだからだ。でも、そのためには、Atomは姿を隠さなければならない。つまり、AtomというCPU製品ではなく、Atomを含んだSoC(システム・オン・チップ)製品に進化しなければ成功できない。

どこでもx86がAtomの基本コンセプト

 そもそもの発端は、「どこでもx86」というアイデアだった。PCでは圧倒的なx86 CPUも、一歩ほかの世界に踏み出せば少数派でしかない。特に苦手なのは家電や携帯電話やさまざまな機器への組み込み用途。そこはx86命令セットではなくRISC(縮小命令セットコンピューター)命令セットのCPUの市場だった。ところが、今ではPCよりそうした組み込み市場の伸びが大きい。だったら、x86 CPUをどこでも入れるようにして、組み込み市場を手に入れてしまおうという発想だ。

 なぜ非PCではRISC CPUが主流なのか。そこには複数の理由が絡んでいる。まず、組み込み系のRISC系CPUが、小さく、低コストで、低消費電力である点。それから、RISCコアに、さまざまな機能をワンチップにまとめたSoCが提供されていること。組み込み向けRISCはCPUコアが小さいので、SoCにしやすい。そして、Intel以外の半導体メーカーが、組み込みRISCと共に、低消費電力で多機能なSoC向けプロセス技術を提供していることだ。

 組み込みでSoCが使われるのは、ワンチップにまとめた方が低コストで低消費電力になるからだ。だから、多くの半導体メーカーが、各機器向けに特化したRISC SoCを製品化している。例えば、携帯電話向けなら組み込みRISCコアに、無線通信処理の機能を統合した多種多様なSoCがある。そして、これらSoC製品は、CPU向けに性能を重視したプロセス技術ではなく、組み込み向けに消費電力を重視したプロセス技術で製造されている。

 だから、組み込みの市場へIntel CPUを普及させようとしたら、Intelは3つのことをしなければならない。超低消費電力かつ超低コストなCPUコアを作り、そのCPUに各市場向けの機能を統合したSoCを用意し、SoCに最適化したプロセス技術を開発しなければならない。3つがセットにならないと、Intelの目的である組み込み市場の成功は望めない。

 3つの要素のうち、低コストで低消費電力なCPUコアは、Atomアーキテクチャーで実現した。Atomコアは組み込みRISCコアより大きいが、性能も高い。組み込み用途の中でも、性能が重視される市場には浸透できる。でも、Atomの目的を達成するためには、残るSoCとプロセス技術がそろわなければならない。Intelは今、この2つに必死に取り組んでいる。今回はSoCについて見てみよう。

携帯電話やデジタル家電を始めとした多様な市場への組み込み用途は、これから急成長が期待されている。しかし、この市場はRISC系CPUが占めていて、x86 CPUはほとんど入っていない。IntelはAtomでこうした市場へと切り込もうとしている。AMDも同じ戦略を持っている。そのために必要なのはSoC化だ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら