Windows 7搭載の最新モデルが各社から一気に出そろった。フルモデルチェンジした機種も多く、どのメーカーも力を入れている。Windows 7登場を待っていたなら、もちろん、今が絶好の買い時だ。Windows 7を使いたいなら、OSのアップグレードよりパソコンを買い替えた方が得なケースが多いのだ!

価格は引き続き下落中
最新モデルが手ごろな価格に!

 10月22日、ついに待望のWindows 7が登場した。マイクロソフトのOSは、Windows XPの時代が長く続き、約2年前にWindows Vistaが鳴り物入りで登場した。ところが、その評判が芳しくなかったのは、ご存じの通りだ。起動が遅いといった悪評が多く聞かれたのだ。もっとも、Windows Vistaの最終モデルとなる、今年の夏以降はパソコンのスペックが向上し、中堅機種でも十分、快適に動作していたのだが、評判を覆すには至らなかった。

 そこへ、待望のWindows 7が登場した。さすがに、今回はとても軽いOSに仕上がっており、Windows XPからの買い替えを考えているユーザーにも、自信を持ってお薦めできる。

 手元にあるネットブックや2年ほど前の携帯ノートにWindows 7 Home Premiumをインストールしてみたが、なかなかのレスポンスで動作している。これから買い替える最新機種なら、ほぼ全モデルで快適に動作するはずだ。これまでは、新しいOSが登場した直後は様子見をするのも悪くないと言われていたが、今回は軽いOSなので、すぐに購入しても大丈夫だろう。万一、不具合が発生しても、最近はオンラインアップデートで解消されるので、不安なく使えるはずだ。

 ネットブックだけはパフォーマンスが要注意なのだが、Webを見たりメールを送受信するなら十分だ。そもそもネットブックとは、ヘビーな作業をするのに向かない機種なので当然といえる。メインマシンとして快適に使いたいなら、10万円程度でも十分に使えるモデルが多数そろっているので、そちらを選ぼう。

 今シーズンは、OSが新しくなっただけでなく、ハードも進化している。特に見逃せないのが、ブルーレイディスクドライブ搭載モデルが安くなっていることだ。つい1年ほど前までは、高級モデルだけが搭載していたドライブが、10万円台半ばのマシンでも手に入るようになった。

 ブルーレイの普及と合わせるように、液晶も16対9が一般的になり、高解像度化が進んでいる。特にデスクトップや上位のノートで増えているフルHD液晶は精細で美しく、編集エリアも広く使えるので作業性はけた違い。数年前のパソコンを使っている人は、感激するほどの広さだ。

 もちろん、基本スペックも向上している。CPUはデュアルコアが当たり前になり、HDDはノートパソコンでさえ500GBの大容量が珍しくない。Windows XPモデルをまだ使っている人には、隔世の感さえあるスペックだが、もうひとつ驚くべきトピックが値下がりだ。パソコンは、今年の夏ごろから暴落している。余裕のある性能のA4ノートが、10万円台前半で手に入るのだ。うまく選べば10万円切りも夢ではない。まさに絶好の買い時だ!

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら