シマンテック、ジャストシステム、トレンドマイクロの3社は、セキュリティ対策ソフトの新版を相次いで発表した(図1)。新版の特徴は、いずれも「評判(レピュテーション)」を利用すること。ここでの「評判」とは、パソコンにインストールされた対策ソフトが、そのパソコンから収集するファイル情報を指す。怪しいファイルや正規のファイル(ソフトウエア)の情報をメーカーのサーバーに送信し、ウイルス(悪質なプログラム)の検出率向上に役立てる。

2009年9月に発表された主なセキュリティ対策ソフト
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら