最近ニュースなどで話題となっているGoogle Voiceは、BlackBerry用のクライアントもあります。BlackBerryでは、インターネットの通常サイトでもプログラム配布可能なので、iPhoneのようにクライアントプログラムが入手できないということはありません。

 ただ、Google Voiceのサービス自体、米国のみの実施で、日本から利用することはできません。日本人であっても、米国へ行き、米国の電話番号(プリペイド携帯などでもいい)があれば利用可能ですが、現時点では招待制であるため、予めGoogleにリクエストを出しておく必要があります。

 Google Voice自体がどんなものかは、別の連載で書いたので、ここでは、クライアントプログラムに話を絞ることにしましょう。

 Google Voiceは簡単にいうと、ユーザーに電話番号を割り当て、そこにかかってきた電話を、登録した電話番号へと転送したり、音声認識機能付きの留守番電話機能やSMSなどを追加したものです。これまで日本でも実施されていたワンナンバーサービスに似ています。

 米国内ならば、発信は無料です。この無料通話はちょっと変わっていて、Google Voice側から登録した電話番号へ着信し、その通話が、指定した電話番号を呼び出します。このため、発信が無料になるというわけです。ただし、米国の携帯電話は着信でも通話時間に応じた料金がかかるため、完全に無料というわけではありません。

Google Voiceプログラム

 Google Voiceアプリケーションには、大きく2つの機能があります。通話する「Dialer」と、留守電などを管理する「INBOX」です。

 Google Voiceアプリケーションのメリットは、SMSや留守番電話をWebページで管理できることです。Google Voiceには、電子メールのようにINBOXがあり、ここに留守番電話やSMSが記録されていきます。これとは別に発着信も記録しています。留守番電話は、サーバー側で音声認識し、MP3形式で録音を残します。このため、BlackBerryでGoogle Voiceプログラムを使えば、留守電を文字としてみることも、音声として聞くこともできます。

 これには、INBOX機能を使います。ここは、メールの受信箱のようになっていて、着信したSMSや留守電がリストとして表示されます。なお、留守電やSMSには相手の電話番号(もし、Gmailのアドレス帳に登録があれば、名前なども表示される)が記録されているので、こちらから電話をかけたり、SMSに返事を出すことが可能です。

 アドレス帳は、Gmailのものを使いますが、BlackBerryでは、Google Syncを使うことで、BlackBerryのアドレス帳とGmailのアドレス帳を同期させることができます。Google Syncを入れておけば、BlackBerry側でアドレス帳に登録するだけで、自然とGoogle Voice側にも反映されるようになります。

INBOX画面。Dialerとは、タブで切り替える。ここには、留守録やSMSメッセージのリストが表示されている。各項目を選んで、電話したりSMSを送信することが可能
[画像のクリックで拡大表示]

留守録の画面。アドレス帳に登録してあれば、名前が表示される。真ん中の部分は音声認識された録音内容。認識結果が正しい確率が低い単語はグレー文字で表示され、一番下にある再生ボタンで、音声を聞くこともできる。このとき、音声に対応する認識単語は赤で表示される
[画像のクリックで拡大表示]

留守電メッセージに対するメニュー。発信やSMS、メッセージを未読に戻すなどの設定が行える
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら