次期Officeの詳細が明らかに!

 来年前半に発売予定の、Microsoft Officeの最新版「Office 2010」。今回、開発途中の機能評価版(テクニカル・プレビュー)が公開され、概要が明らかになった。

 Office 2010は、基本的に2007の操作体系を引き継いでいる。「リボン」に代表される画面の構成や使い方は、ほとんど変わっていない。その一方で、ユニークな新機能をいくつか追加している。マイクロソフトは今回の機能強化のポイントを、「どこでもOfficeが使える」「共同作業の効率化」「アイデアを簡単に実現できる」の3点としている。

 中でも最も注目を集めているのが、ブラウザー上で動作するウェブ版のOffice「Office Web」を、製品版と共に提供すること(図1)[注]。ネットにつながったパソコンであれば、どこからでもファイルの閲覧・編集ができる。ウェブ版だからといって文書の表示が崩れることはなく、「再現率は100パーセント」(マイクロソフトの飯島圭一氏)という。ただし、使える機能は限られる。「出先でのファイルの確認や、ちょっとした修正などの用途を想定している」(飯島氏)からだ。同社のオンラインサービス「Windows Live」に会員登録すれば、誰でも無料で使える。

図1 Excel 2010のウェブ版。ファイルの閲覧や簡単な修正をブラウザー上でできる。「Windows Live」に会員登録すれば、誰でも無料で利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 製品版Officeの強化点は、まずリボンがカスタマイズできるようになったこと(図2)。Office 2007では、リボンにあるボタンの配置が固定されているため、目的のボタンへたどり着くのに苦労することがある。一方のOffice 2010ではボタンの配置を自由に変えられるほか、新しくタブを作成して自分
専用のリボンを作ることも可能だ。

図2 リボンを備えるなど、Excel 2010の基本操作は2007とほぼ同じ。だがリボンのカスタマイズや、セル内に簡易グラフを挿入できるなど、便利な機能が追加されている
[画像のクリックで拡大表示]

 「Office」ボタンを押すと表示される「Backstage View」も新しい機能。作成・保存・印刷といったファイルに関する操作を効率よく行うものだ。例えば印刷なら、設定とプレビューが一画面で表示され、設定を変えると即座にプレビューへ反映される。

 このほかExcel 2010では、わずか数ステップでセル内に折れ線グラフや棒グラフを表示できる「スパークライン」機能が加わった。数値だけではわかりづらい、値の推移や分量の差をひと目で確認できる。Word 2010では、「ナビゲーションウィンドウ」が新機能。文書内のページをサムネイル表示し、そこからページの移動や入れ替えなどができる。標準でPDF形式での保存が可能になった点も魅力的だ。

 2007からのリボン表示になじめず旧版を使う利用者も多いが、Microsoft Officeを使う以上もはや選択肢はない。使い勝手が向上した2010が乗り換えの好機だ。

[注] 製品版やウェブ版以外にも、スマートフォンやPDA向けの「モバイル版」も提供する予定

出典:日経PC21 2009 年 10月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。