日本エイサーの新ノートPCブランド「Aspire Timeline」。今回レビューするのは13.3型ワイド液晶を備えた「AS3810T-H22」だ。

 重さ1.6kgでバッテリー駆動連続8時間という、モバイル用途を念頭に置いたコンパクトノートである。そして実勢価格は8万円台。ただし、光学ドライブは内蔵しない。携帯性が犠牲になっても光学ドライブを、というのであればプラス1万円で同じ「Aspire Timeline」シリーズの「AS5810T-D34」が視野に入ってくる。こちらはDVDスーパーマルチドライブを内蔵し、液晶サイズは15.6型ワイド。重さは2.4kgと「AS3810T-H22」の1.5倍となる。

日本エイサーの「Aspire Timeline AS3810T-H22」。液晶サイズは13.3型ワイドで、光学ドライブは搭載しない。実勢価格は9万円前後
[画像のクリックで拡大表示]

シックな雰囲気の天板の中央に、「acer」ロゴが鎮座する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら