米マイクロソフトは2009年7月13日(米国時間)、2010年前半のリリースを予定している次期オフィス製品「Office 2010」のテクニカルプレビュー版を限定公開した。開発中の機能評価版として最初のバージョンで、登録を受け付けた数万人のテストユーザーに対し、招待制でダウンロード提供している。

 Office 2010は、「同2007」の後継に当たる製品で、開発コード「Office 14」と呼ばれていた。2008年10月に開催された「Professional Developers Conference 2008(PDC2008)」で基本コンセプトが発表された。通常のアプリケーション(リッチクライアント版)に加えて、ブラウザー上で動くWebアプリケーション版と、スマートフォンで利用できるモバイル版の3つを用意する。場所や機器を問わず、どこからでもファイルにアクセスし、閲覧・編集できるようになるのが特徴だ。そしてリッチクライアント版、Web版、モバイル版のどれを使って編集しても、データを全く失わずに再現できる“完全な互換性”を実現するという。Web版については、「Windows Live」サービスを通じて無償で提供する。

 今回のテクニカルプレビュー版は、リッチクライアント版のみだが、各アプリケーションの変更点や新機能が明らかになるのは初めてのことだ。ここでは、ワープロソフトの「Word 2010」、表計算ソフトの「Excel 2010」、プレゼンテーションソフトの「PowerPoint 2010」、メールと個人情報の管理ソフト「Outlook 2010」、そして日本語入力ソフトの「IME 2010」の5つについて、目玉となる新機能を解説する。

米マイクロソフトのOffice 2010 テクニカルプレビュー版サイト。ここで登録すると、一定の審査の上、招待者には案内のメールなどが届く
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら