ソニー初の「スタンダード」ネットブック

 ソニーの「VAIO」ブランドから、ついに初のネットブックが登場した。

 国内大手パソコンメーカーでは、ほぼ最後発。すでに数多(あまた)のネットブックが市場にあふれている中で、「一石を投じる、待望のネットブック」なのか、それとも単に「遅れてきたネットブック」なのか。その実力を見ていきたい。

ソニーから初めて登場したネットブックVAIO Wシリーズ。予想実売価格は約6万円
[画像のクリックで拡大表示]

 「ソニー初のネットブック」と聞くと、現行の「VAIO type P」は違うのか? と思う人も多いかもしれないが、ソニーはtype Pをネットブックとは分類していない。type PはCPUにAtomを搭載してはいるが、サイズや装備の構成も特殊で、ネットブックというには少々高価なミニノートである。

 その点、「VAIO W」はCPUにAtom N280(1.66GHz)、メモリー1GB、HDD160GB、10.1型ワイド液晶、重さは1.19kgという構成。実売価格は、6万円前後だ。

 スペックや価格から見て、最もライバルの多い「ネットブックのスタンダード」クラスである。

 とはいえ、この時期にこのクラスのマシンを出すからには、ライバル機にはないアドバンテージを備えている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら