日本ヒューレット・パッカードは2009年4月23日、モバイル向けノートPC「HP Pavilion Notebook PC dv2」(以下dv2)を発売した。AMDの新CPU、Athlon Neo MV-40(1.6GHz)を採用し、グラフィックスチップに「ATI Mobility Radeon HD 3410」を搭載した点が特徴だ。USB接続の記録型DVDドライブも付属する。直販価格は7万3500円。この価格帯では、独立したグラフィックスチップを搭載した製品はあまりなく、Atom N270/N280を採用した低価格ノートPCに比べて割安感がある。

 dv2はAMDの新プラットフォーム「Yukon」を採用したノートPCだ。Yukonは超薄型ノートPC向けという位置付けで、K8世代がベースのシングルコアCPUとグラフィックス機能を内蔵したチップセットである「AMD 690G」のモバイル版「AMD M690」シリーズとセットで使う。組み合わせるCPUはAthlon Neo MV-40(1.6GHz、2次キャッシュ512KB)、Sempron 200U(1GHz、同256KB)、同210U(1.5GHz、同256KB)の3種類。いずれもTDP(熱設計電力、実使用上の最大電力)は低い。Athlon Neo MV-40とSempron 210Uが15W、Sempron 200Uが8Wとなっている。

 dv2の基本仕様は、Atom N270/N280を採用した、いわゆる「ネットブック」よりも上だ。液晶ディスプレイの解像度は1280×800ドット。これは、現在売れ筋の13~15型ワイド液晶搭載のノートPCと同じだ。一般的なネットブックだと1024×600ドットでやや狭く感じられる。メモリーとHDDもネットブックの多くは1GB、160GBだが、dv2ではそれぞれ2GB、320GBと倍の容量になっている。

 チップセットのAMD M690はグラフィックス機能を内蔵している。ネットブックで使われている「Intel 945GSE」の内蔵グラフィックス機能よりも描画性能が高いのだが、最新の低価格機向けグラフィックスチップには及ばない。冒頭で述べたように、dv2はAMD M690のグラフィックス機能を使わず、外付けのグラフィックスチップとしてATI Mobility Radeon HD 3410を搭載している。内蔵機能よりは描画性能が高く、ハイビジョンの動画再生支援機能も備えている。

 このほか30万画素のPCカメラやIEEE 802.11nにも対応した無線LAN機能、Bluetooth、メモリーカードリーダーといった、最近のノートPCでは当たり前となった機能は一通り備えている。ただ、PCカードスロットやExpressCardスロットは無い。

天板と内側は光沢処理を施してある。液晶ディスプレイの表面も光沢だ。
[画像のクリックで拡大表示]

●HP Pavilion Notebook PC dv2の主な仕様
CPUAthlon Neo MV-40(1.6GHz)
チップセットAMD M690G
グラフィックスATI Mobility Radeon HD 3410
メモリーDDR2-533 2GB(最大4GB)
HDD320GB (2.5インチ、Serial ATA)
光学式ドライブDVDスーパーマルチ(USB外付け)
ネットワークLAN(100BASE-TX)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth V2.0+EDR)
PCカメラ30万画素
カードリーダーメモリースティック、同Pro、xD-ピクチャーカード、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、マルチメディアカード対応
OSWindows Vista Home Premium Service Pack 1
外形寸法幅293×奥行き242×高さ33.5
ディスプレイ12.1型ワイド(1280×800ドット)
重量1.7kg(バッテリー含む)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら