高品質なアルミ製パソコンケースのメーカーとして知られる台湾Lian Li Industrialは、ドライブベイや拡張スロットに新設計のツールフリーデザインを施すなど、使い勝手を向上させたアルミケースをラインアップに追加する。さらに、これらの設計思想を継承しつつ、ケース素材にSECCスチール(電気亜鉛メッキ鋼板)を採用して低価格にした「Lancool」ブランドを立ち上げ、シェア拡大を図るという。

 3月、ドイツで開催された展示会たCeBIT 2009にてフラッグシップモデルの「PC-888」を公開。ドバイの7つ星ホテル「Burj Al Arab(ブルジ・アル・アラブ)」をモチーフにしたハンドクラフトのフルタワーケースで、既に受注生産を開始している。

3層構造の採用で、効率的なエアフローを実現する「PC-888」
[画像のクリックで拡大表示]

 この製品は、ヨットの帆をイメージさせるデザインが最大の特徴。ケース内部を3層構造にし、マザーボードの上面にHDDを搭載することで効率的なエアフローを実現するなど、機能面でも工夫してある。フロントにはブルーLEDを搭載した2基の14cmファンを備え、ハイエンドのグラフィックスボードを搭載しても、その発熱を背面に逃がせるようにしたという。ケース各所にケーブルホルダーを装備して、電源ケーブルやHDDケーブルがエアフローを妨げないようにしてある。

 「ツールフリー」のデザインも、今年は積極的に取り入れるという。防振対策も兼ねたラバーリングを装着する専用HDDケージを利用して、ドライバーなどの道具を使わなくてもHDDが装着できるドライブベイを採用。5.25インチベイにもねじを使わないマウントモジュールを搭載しており、光学ドライブを簡単に装備できるようにした。拡張ベイのブラケットもねじを使わないデザインにして、より手軽にパソコンを自作できるよう工夫したという。

新しいツールフリー構造を採用したフルタワーケース「PC-B70」
[画像のクリックで拡大表示]

防振性も兼ね備えたツールフリーのHDDケージ。3.5インチHDDだけでなく、2.5インチHDDも搭載可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

5.25インチベイもツールフリーのドライブマウンターを装備
[画像のクリックで拡大表示]

拡張ベイのブラケットにもストッパーがある
[画像のクリックで拡大表示]

3.5インチベイや5.25インチベイに、それぞれ2.5インチHDDを2台搭載可能なアクセサリーも用意する
[画像のクリックで拡大表示]

microATXに対応したミニタワーケース「PC-A03」にも、新しいツールフリーデザインを採用
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら