2月24日、グーグルが読売新聞など一部の新聞に出した告知広告。内容は、米国で行われていた「Google ブック検索」に関する集団訴訟が和解に至り、その結果、米国外の著作権保有者も「和解に拘束される」というものだった。この広告によって、「Google ブック検索の和解」が世間一般に広く知れわたることとなった。

2月24日、日本の新聞に掲載された告知広告。「書籍の著者、出版社……には、グーグルの……和解案が影響することがあります」というタイトルで掲載された広告の内容は非常に難解で、それがまた混乱の原因となった
[画像のクリックで拡大表示]

 Google ブック検索は今から4年以上前に米国で始まったサービス。入力したキーワードを含む書籍の書名や出版社などを検索できる。グーグルが書籍をデジタル化し、検索できるようにしたもので、日本語の書籍も含まれる。日本でも2007年夏にサービスを開始している。グーグルがスキャンした書籍は、3通りの表示方法で提供されている。著作権保護期間内にあるものは、一部のキーワードなどを表示する「スニペット表示」と書籍の20%以内の範囲で部分的にページを表示する「一部表示」。著作権が失効したものに関しては全文を表示する。

「Google ブック検索」は現在、主に3つの表示方法でユーザーにサービスを提供。グーグルは各国で図書館と提携し、書籍をスキャンしている。そのうち、著作権保護期間内のものは書籍の情報と検索キーワードを含む文章の一部の表示(スニペット表示)、著作権保護期間が満了しているものは全文表示で提供している。もう一つ、出版社と契約を結び、書籍の20%の範囲内で数ページを閲覧できる「一部表示」という表示方法がある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら