デルの「Studio One 19」は、液晶ディスプレイの裏部分にすべてのパーツを内蔵したパネルタイプの一体型デスクトップ。最小限の置き場所で利用できるパーソナル向けの製品で、店頭モデルなら12万円台半ばから買えるなど手ごろな価格も魅力だ。

 ラインアップは店頭モデルを3機種用意するほか、直販モデルは仕様をカスタマイズして購入できる。今回は、直販モデルのみに用意されているカラーバリエーション「タスカンレッド」をレビューする。

 外観は、まるでテレビのような美しいスタイル。液晶のサイズは18.5型ワイドと、デスクトップとしては最小クラスだ。奥行きは約20cmと、机の上でも置き場所を取らない。

 ボディーは、コストを惜しむことなく、細部までこだわり抜いたパーツが使われている。液晶のフチの赤い部分は、なんと布が貼り付けられているのだ。若干ざらつきのある目の粗い布で、見た目の質感が非常に良い。

 また、背面のスタイルも美しく、まるで、iPhoneを大きくしたような丸みを帯びた造形と質感だ。背面の形成にも手抜きがなく、光を美しく反射する。スタンド部分は金属製で、しっかりとした重さがあって、安定感はバツグンだ。

 本体右側に内蔵するドライブはスロットインタイプで、DVDスーパーマルチかブルーレイコンボ(BD-ROM兼DVDスーパーマルチ)を選択できる。液晶の解像度がさほど高くないので、ブルーレイコンテンツを存分には楽しめないことを考えると、DVDスーパーマルチでも十分だろう。

 キーボードとマウスはワイヤレスで、ケーブルを気にすることなく、好きな位置に置ける。キーボードは薄めのタイプだが、ストロークがしっかり確保されていて、なかなか打ちやすい。若干サイズが大きいが、これは、コンパクトさだけを重視せずにテンキーを搭載しているからだ。もちろん、表計算やゲームに利用する際の実用性が高い。

 キーボードには、メールなどの起動やAV操作のワンタッチキーを搭載している。また、ボリューム調整はダイヤル式で、ちょっとAV機器っぽさが味わえる。

 マウスは光学式で、感度は上々。これなら、市販のマウスに買い替えることなく使い続けられそうだ。

コンパクトで美しいデザインが特徴の「Studio One 19」。ボディー色は直販モデル専用のタスカンレッド。
[画像のクリックで拡大表示]

本体の周囲に巡らされた「赤」は、なんと布製だ。
[画像のクリックで拡大表示]

背面は白を基調としたデザイン。樹脂の質感は素晴らしく、コストダウンを感じさせない美しい仕上げだ。
[画像のクリックで拡大表示]

シルバーのスタンドは金属製。しっかりした作りで安心感がある。ACアダプターは内蔵されているので、接続するケーブルは1本でOK。
[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

側面から見ても美しいデザイン。液晶は上下に角度を調整できる。
[画像のクリックで拡大表示]

キーボードとマウスはワイヤレス。キーボードは薄型ながら、ストロークがしっかり確保されていて打ちやすい(試作機の英語キーボードで評価)。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら