マイクロソフトは、米国時間2009年1月26日、次期ブラウザー「Internet Explorer 8(IE8)」の製品候補版(RC1)を公開した。2008年8月の「IE8 ベータ2版」登場から5カ月弱を経て登場したRC1は製品版にほぼ近い機能を持っているバージョン。さっそくインストールして使用感を確かめてみた。

 まずは、ざっとIE8の代表的な新機能をおさらいしておこう。

・文字列を選択すると利用できる機能のメニューが表示される「アクセラレータ
・Webページの一部を切り取って保存できる「Web Slice」(Webページ側の対応が必要)
・Webページからリンクをたどって表示したページのタブを同じ色で表示する「タブグループ
・URLの入力中に、関連しそうなWebページや履歴、RSSフィードの候補を表示する「スマートアドレスバー

 今回の評価ではベータ2版からの差分を中心に取り上げる。IE8の詳しい新機能については「出たばかりのIE8ベータ2、早速使ってみた」、「MS IE8 vs. グーグル Chrome」を是非、参照してほしい。

図1 Internet Explorer 8 RC1(以下RC1)の起動画面。Windows Vista/XPとWindows Server 2003/2008の32ビット版および64ビット版に対応。Windows 7(ベータ版)では利用不可。対応言語は25カ国語
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、IE8 RC1はマイクロソフトのIE8用サイトからダウンロードできる。ただし、インストールに関しては使用OSやアップデートの内容によって注意がある。特に、Windows XP SP3とIE8ベータ版をインストール済みの人は、そのままRC1をインストールしてしまうと、アンインストールできなくなる場合がある。マイクロソフトの「Windows 開発統括部 Blog」の情報を確認しよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら