マイクロソフトは2009年1月7日、次期OS「Windows 7」のベータ版(開発途中のバージョン)を一般向けに公開した。1月13日にはダウンロード用の日本語Webページも開設、誰でも無料で試用できるようになった。Windows 7の概要とWindows Vistaとの違いについて、ベータ版を基に解説する。

Windows 7のログオン直後の画面。「ウエルカムセンター」は「はじめに」という名称に変わっている。
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows 7は、マイクロソフトが現在開発中の次期Windowsクライアントである。名前は「7」だが、バージョン番号的には6.1で、現在のWindows Vistaのマイナーバージョンアップ版になる。

 マイクロソフトは、2008年10月に米国で開催した「PDC(Professional Developers Conference)」で、プレビュー版の配布を開始。Windows 7の概要を公開した。2008年初頭には、軽量カーネルを採用したなどの噂(うわさ)もあったが、実際にはWindows VistaやWindows Server 2008で採用したカーネルをバージョンアップしたものを使っている。ただし、Windows Vistaに比べると、インストール時の最小必要容量が小さくなっており、Windows XPなどが動作している小容量のSSD(Solid State Drive)搭載PCなどにもインストールしやすくなった。

 また、メモリーの利用効率が上がり、プロセスのスケジューリングなどが改良された結果、同じカーネルながらWindows Vistaよりも動作効率が高くなったようだ。体感的には速度が向上したように思える。

 今回、配布が始まったのは、「ビルド7000」と呼ばれるバージョン。英語版以外に、日本語を含み、全部で5言語のバージョンがあり、このうち4言語に対しては64ビット版も提供されている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら