不景気で消費者の財布のひもは締まる一方だが、CPUにインテル製Atomシリーズを採用する低価格ミニノートの活況が続いている(図1)。「当初は男性ユーザーが大半だったが、デザインが洗練された製品が増えてきたこともあり、最近では女性や若者のユーザーが増えてきた。親が子供に買い与える1台目需要も出てきた」(ヨドバシカメラ秋葉原店)という。こうした初心者によるミニノート需要の拡大を受けて、ヨドバシカメラでは通信設定などのセットアップサービスを1万4800円で提供している。

[画像のクリックで拡大表示]

 売れ筋は主に5万円台以下の製品で、中でも台湾アスーステック・コンピューター(ASUS)と日本エイサーの製品が人気を集めている(図2、図3)。5 万円台という低価格もさることながら、移動通信事業者のイー・モバイルと提携し、同社のデータ通信サービスを2年間利用するという条件付きで、100円から数千円の初期費用で販売する戦略も功を奏した。

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

 「携帯電話感覚で2年おきにミニノートを機種変更するユーザーが増えても、我が社は大歓迎」(イー・モバイル)と、低価格の通信セット売りはまだまだ収まる気配はない。最近では、大手携帯電話事業者のNTTドコモのデータ通信サービスも、ヨドバシカメラなど一部の量販店でセット販売の対象となっている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら