HDDのインターフェースは、転送速度の高速化と低コストを目指して進化を続けてきた。PCに初搭載されたST-506インターフェースは、ホストコンピューターで細かく制御する必要があった。SCSIは1986年に登場し、高速化を重ねてきたが、現在はSASに切り替わった。

 今回から2回に渡って、HDDのインターフェースの変遷を振り返ってみよう。HDDのインターフェースは、転送速度がより高速で、コストのかからない方法へ変化してきた。ここ1年では、PCに搭載されるHDDのインターフェースは、ほぼSerial ATA(SATA)に切り替わった。20年近く使われ続けたParallel ATA(PATA)の役目が終了し、後は保守部品として残るだけだ。サーバーやワークステーション向けのHDDでも従来のSCSIからSerial Attached SCSI(SAS)へ移行した。

 1980年、Seagate Technologyは、5.25インチで厚さが約8cm、容量5MBのHDD「ST-506」を発売した。重さは2.1kgでずっしりと重く、高価なコンピューター部品の風格があったのを記憶している(図1)。このHDDは、PCにHDDを搭載するきっかけとなった製品だった。同時にPCと接続するインターフェースの規格としても「ST-506」の名称が使われた。

●PCに初めて搭載されたHDD「ST-506」
図1 Seagate Technologyから1980年に発売された「ST-506」。5.25インチのディスクを5枚搭載し、5MBの容量を達成した。厚さは約8cmで、少し前の厚型CD/DVDドライブ2台分の厚さに相当する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら