今話題の低価格ミニノート。以下でおすすめモデルとして選んだ5機種は、どれを買っても後悔しないはずだ。

 まず、一番重要なポイントとして、HDD搭載を絶対条件にした。16GB 程度のSSDでは、容量が不足するのが確実だからだ。もちろん、ベテランユーザーが分かったうえで買うなら何の問題もない。この5機種は、HDDが120GB以上あるので、外出先でデジカメ写真の保存に利用したり、iTunesで音楽やビデオをためても余裕があるはずだ。液晶も8.9型ワイド以上が条件で、解像度も1024×600ドットを下限と考えた。もちろん、さらに解像度が高いHP Mini-Noteは、非常に魅力的だ。

 注目機種として、最近発表された東芝、NEC の国内大手メーカー製品も加えているが、本記事執筆時点では実売価格は予想価格となっている。発売後は5万円台まで落ちてくることが予想され、ライバルと横並びとなる可能性も高い。そうなれば、サポート体制が充実している分、安心して選べることになる。

 ネットブックの標準的な価格が5万円台なので、5000円の価格差は約1割にもなる。一方、たった5000円なら好みの機種を買いたいという考え方もあるだろう。どう考えるかは、もちろんユーザー次第だ。

四角いボディーは高級感あり

 NECがついに投入したネットブック。独自のボディーは真四角な箱のようで、天板と左右側面を美しく塗装しており、高級感はバッチリだ。キーボードも17mmピッチでタイピングしやすいが、クリックボタンがパッドの左右に分かれているタイプなのは残念。

Bluetoothを内蔵する

 東芝製のネットブック。ブラックボディーは天板を光沢塗装にし、周囲にシルバーを張り巡らせて引きしまったデザインだ。キーピッチが15mm 台とタイピングしづらいのが最大の弱点。拡張性は高く、Bluetoothを内蔵し、ワイヤレスマウスをスマートに使える。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら