5万円前後の激安ミニノートは、「ネットブック」というジャンルでくくられる。普通のパソコンと比べて、性能も液晶の大きさも劣るが、インターネットを見て、メールをやり取りする程度に使うなら、さほどストレスはないので、それが順当な使い方なのだ。

激安ミニノートは万能ではない!
割り切って使えるユーザー向き

 性能は現時点で販売されているパソコンの中で、ほぼ最低クラス。ほとんどのモデルは、Windows XPではそこそこ使えても、Vista では性能的にかなり厳しい。また、Vista に移行したいと思っても、メーカーがプリインストールしているXP 以外をサポート対象外としていることがほとんどなので、よくチェックしたい。

 仕様や装備が最小限となることも注意。まず、光学ドライブを内蔵していないので、外出先でDVDを見るような使い方はできない。さらに、手持ちのパソコンをミニノート1台で済ませたくても、外付けの光学ドライブがないと、市販のパッケージソフトのインストールもできないことになる。画面も広くないし、キーボードもやや打ちづらい。また、バッテリー駆動時間も短いので、本気でモバイルするにも力不足だ。

 付属ソフトも多くない。たとえメールを中心に使うとしても、ビジネス用途に使うならOfficeのファイルが開けないと仕事にならない。ところが今はOfficeは最新版の2007しか手に入らず、Office 2003など古くて軽いバージョンを使おうと思っても買うことはできないのだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 それでも、用途を限定すれば、ミニノートが活躍する場面はかなり多い。初心者にはやや厳しいが、上級者ならさまざまな形で使いこなせるはずだ。それに、何と言っても、5万円前後でパソコンが買えることはたいへん素晴らしい。次ページからは、製品選びのポイントを詳細に紹介する。機種ごとの違いをチェックしていただきたい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら