2008年10月3日、千葉・幕張メッセで開かれたITエレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2008」において、日経パソコンがパネルディスカッション「モバイルコンピューティングが拓く新しい世界」を主催した。2009年以降、急速に整備が進む広域のワイヤレス通信網を見据え、コンピューターのモバイル利用に焦点を当てたイベントである。国内外のパソコン市場において多大な影響力を持つ7人のキーパーソンにさまざまな質問をぶつけ、モバイルの近未来を熱く語ってもらった。

■来年、高速ワイヤレス通信サービスWiMAXが始まります。このメリットは。

インテル吉田氏 大きく3つあります。一つは、WiMAXによって会社と自宅、移動中のすべてで高速なインターネット環境がそろうこと。次に、WiMAXは日本だけでなく世界標準の通信規格であること。最後は、当社が無線技術をシリコンの上に展開することで、将来に向けてワイヤレスのさらなる高速化が期待できることです。

■機器では、5万円前後の安価なミニノートが注目を集めています。

インテル吉田氏 小型で手ごろな価格のノートを「ネットブック」と呼びます。ネットブックは、パソコンの使い勝手そのままにインターネットを楽しめる機器で、モバイルのすそ野を広げる可能性を持っています。ただ、性能は通常のモバイルノートよりも低く、生産性を上げるために使ったり、家でビデオ編集を楽しんだりといった用途には不向きでしょう。

■ウルトラモバイルパソコンやスマートフォンなど、さまざまな機器も登場しています。どんな用途が想定されますか。

ソニー 石田氏 出先でノートパソコンを開いて使うのは、実際には大変な作業です。一方で、携帯電話が進化しても、自分がしたいこと、パソコンならできることが、全部可能になるわけではありません。今後は機器が多様化し、用途に応じて使い分けが進むようになります。

 また、「クラウドコンピューティング」も一般化していきます。これは、内部構造を意識することなく、さまざまな機器でインターネット上のサービスを利用できるものです。究極的には、性能が貧弱な機器でも、インターネットにつながりさえすれば、ネットワーク上のほかの機器のパワーを借りながら、あたかも手元で操作しているような使い勝手が実現でき、いろいろなことが楽しめるようになるでしょう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら