国内の大手メーカーとしては、東芝に続いてNECがネットブックを投入してきた。まず注目したいのはネーミングで「LaVie Light」と「LaVie」が付いているのだ。つまり、NECが自信を持って投入するノートパソコンの一角というわけだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 ネットブックの売れ行きはすさまじく、パソコン全体の2割に達するという調査もある。もはや、NECとしても静観していられなくなったのだろう。とはいえ、他のパソコンとは違って、ネットブックは、どれもほぼ共通のパーツを使っている。CPUや液晶のサイズなどはほとんど差がないのだ。その制約の中で、どこまでNECらしさを打ち出せているだろうか?また、現在人気の高い外資系メーカーのネットブックを超える魅力があるのだろうか?非常に気になるところだ。

 その点が最も表れているのがボディーだ。まるで薄い箱のような直線的なスタイルは、モバイルノートの「LaVie J」ともどこか通じている。色は黒で、やや大ぶりなサイズをコンパクトに見せている。また、天板に光沢のある塗装を施し、さらに、ボディーの左右側面も塗装することで、高級感を打ち出している。とはいえ、質感にこだわるのは最近のトレンドで、他社でも塗装や材質にこだわった機種が登場しはじめている。また、天板への面加圧は150kgfテストをクリアしている点もアピールポイントだ。

 他のネットブックもすべてチェックしているが、一目見てLaVie Lightだけがまったく異なる外観をしている。NECらしさは、十分に打ち出せている。ただし、液晶のフチがやたらに分厚く見えるのはちょっと不格好だ。

天板を美しい光沢塗装仕上げとしている。高級とまでは言わないが、安っぽさのない外観だ
[画像のクリックで拡大表示]

本体を横から見ると、かなり分厚いのが分かるだろう。左右にUSB端子を振り分けており、使い勝手は悪くない
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら