NTTドコモが2006年から販売している「BlackBerry」は、これまで、法人向け販売のみだった。というのは、このBlackBerryは、メールに専用サーバーが必要で、それを運用できるか、NTTドコモの企業向けサービス(ブラックベリーエンタープライズサービス)を契約できる場合にしか利用できなかったからだ。

 BlackBerryは、現在では携帯電話の1種だが、もともとは専用サーバーと双方向ページャー(日本でいうポケベルのようなもの)のインフラを使ったメールシステムとして開発された。それが発展していくなかで、現在のように携帯電話のネットワークを利用するようになったのだが、専用サーバーを使うという基本的な構成は変わっていない。

 それが、今年8月からは、個人でも契約できる「ブラックベリーインターネットサービス(BIS)」が開始された。今まで、「自分には関係ない製品」と思っていた人でも、個人で、グループで、部署単位ででも導入できるのだ。

 そこでこの連載では、これまでBlackBerry活用の「対象外」だった人に向けて、それがどんなもので、どんなサービスがあり、その使い心地はどうなのかを紹介していくことにする。

BlackBerry 8707hの機能を知ろう

 現在、国内でNTTドコモのネットワーク向けに販売されているが、「BlackBerry 8707h」だ。BlackBerryは、カナダにあるRIM(Research In Motion)の製品だ。

BlackBerry 8707h。一枚板のような構造で、正面には液晶とフルキーが配置されている

 この端末は、モノバーなどと呼ばれる一枚板のような構造で、正面に液晶ディスプレイとキーボードがある。また、右側面には、トラックホイールと呼ぶダイヤルがある。このキーボードとトラックホイールがBlackBerryの特徴の1つでもあり、初期のマシンからずっと引き継がれているものだ。

 トラックホイールは、スクロールや項目の選択に使い、押し込むとメニュー表示や実行を指示できる。通常の携帯電話のカーソルキーに相当するものと考えるといいだろう。また、その下にあるボタンは、キャンセルなどを行う「エスケープキー」だ。何かをキャンセルしたり、1つ前のメニューに戻る場合などには、このキーを使う。

本体右側には、回転し、押し込むことができるトラックホイールとキャンセル操作のためのエスケープキーがある

 液晶の解像度は、QVGA(320×240ドット)。国内でも、QVGA相当の画面を持つ機種は少なくないが、縦長の配置(つまり横240ドット×縦320ドット)で使われることが多い。しかし、BlackBerryの場合には、液晶は横長となり、その点でメールなどが見やすくなっている。

 キーボードは、いわゆるQWERTY配列だが、さすがにパソコンのように多数のキーを配置するわけにもいかないので、シフトキーなどを併用する。

フルキーは、通常のキーボードから数字キーの列を落としたレイアウトになっている

 キーボードの左側はテンキーとして使えるようになっている。待ち受け状態では、このキーはテンキーとして動作し、キーを押すと通話アプリケーションが起動する。

 キーボードと液晶の間には、通話用のオンフック、オフフックボタンとフロントキーがある。このフロントキーはカスタマイズ可能だが、標準では、入力文字の種類切り替えに割り当ててある。

 前述したように、こうしたフルキーボードを備えているのは、BlackBerryがメール活用に特化しているからだ。キートップは小さいが、段差があり、親指の先で、キー1つ1つが分かるようになっている。慣れると、キートップをほとんど見ることなく入力可能だ。

 本体左側には、USBコネクター(ミニB、ソケット)と、アプリケーション起動用のカスタマイズ可能なボタンがある。本体上部には、電源キーとミュートキー(日本でいうマナーモード切替)がある。

本体左側には、ヘッドセット端子(イヤホンマイク)、USB端子やカスタマイズ可能なサイドキーがある

本体上部には、電源スイッチ(写真右)とミュートキーがある。ミュートキーはいわゆるマナーモードのオンオフに使う

 国産の電話機に比べると、全体的に無骨。デザインも直線や角を強調したような感じで、オシャレな感じはほとんどしない。これは、BlackBerryが企業向けとして販売されているからだろう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら