台湾Elitegroup Computer Systems (ECS)は、省スペース性と静音性を追求した超低価格デスクトップパソコンを開発。相手先ブランド製品として、日本でも展開を図るという。

 ECSの超低価格デスクトップパソコンに対するアプローチは競合他社と異なり、システムレベルで製品を開発することにより、徹底した省スペース化と静音化を図ろうとしている。

独自マザーボード採用、拡張性も高める

 ECSが開発した3リットル容量の超低価格デスクトップパソコン「945GCD-3L」は、競合製品と異なり、miniITXマザーボードではなく、拡張性を高めた独自のマザーボードを採用している。

ECSが開発したAtom搭載省スペースデスクトップパソコン「945GCD-3L」。当面は、相手先ブランド製品としての展開を図る

 デスクトップ製品の開発を担当するダリル・チャン氏(Darryl Chan、Senior Manager, Business Development Department, R&D Center)は、「miniITXマザーボードの方が廉価だがレイアウトに制約があるため省スペース化に向かない」と言う。

Atom搭載省スペースデスクトップパソコンの開発を担当するダリル・チャン氏

 270(幅)×200(奥行き)×60(高)mmサイズの省スペースデスクトップケースの底面いっぱいを有効に使ったマザーボードは、デスクトップ向けCPUのAtom 230とIntel 945GCチップセットを採用しながら、メモリースロットにはノートパソコンで一般的なSO-DIMMスロットを搭載している。スペースの制約からPCIスロットなどの拡張スロットは備えていないが、「基板の表裏に各1スロットのminiカードスロットを装備して拡張性を高めた」(チャン氏)と言う。

 さらに、発熱量が大きい部品を分散配置することで、コンパクトなきょう体ながら直径50mmのファン1基を中・低速で回転させるだけで十分な放熱性を確保している。

 光学ドライブはノートパソコン用のスリムドライブを搭載するものの、ハードディスクドライブは3.5インチタイプを採用。大容量ハードディスクと組み合わせて、テレビ番組のデジタル録画を楽しんだり、家族でデータを共有したり、バックアップデータを保存するといったホームサーバーとしても活用できる。

270(幅)×200(奥行き)mmのケースサイズを有効に活用、放熱性にも配慮した専用マザーボードデザインを採用

ケース内の空気の流れを妨げないよう、メモリースロットにはノートパソコンなどで採用されているSO-DIMMスロットを搭載する

フロントパネルにはオーディオ入出力やUSB端子が装備されるほか、オプションでSDメモリーやメモリースティックなどに対応したメモリカードリーダーも搭載可能だ

基板背面にもminiカードスロットを実装、ワイヤレスLANカードなどを使って機能を拡張ができる

電源には65WのACアダプターを採用。システムファンは背面の50mmファン1つだけだ。I/Oパネルにシリアルインターフェースがあるのは産業用途も視野に入れているから

 デスクトップ関連製品などのマーケティングを担当するアレックス・ウー氏(Alex Wu、Senior Specialist, Marketing Division, Channel Business Division, Mainboard, Addo-on card and System Products Business Unit)は、「3.5インチのハードディスクドライブ搭載にこだわったのは、リビングルームに置いてメディアサーバーとして使うことを想定したから」と説明する。これも低消費電力のAtomプラットフォームを採用するからこそできる発想だ。

マザーボードやシステム製品のマーケティングを担当する、アレックス・ウー氏

3.5インチのSATAハードディスクドライブを簡単に着脱できるベイ。ケース側面には空気穴があり、放熱にも配慮している

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら