地上デジタル放送の録画データを10回までコピーできる「ダビング10」が、7月4日に始まった。そこでPC Onlineでは早速、地デジチューナーを内蔵したノートパソコン(富士通製「FMV-BIBLO NX/A90D」)の視聴録画用ソフトをダビング10対応にアップデートして使ってみた。

 富士通の場合、ダビング10へのアップデータはWebサイトで公開している。これをダウンロードしてインストールすると、ダビング10に関する以下の警告メッセージが表示された。PCをリカバリーした際などに、視聴録画ソフトのアップデートを忘れた状態で、ダビング10対応の録画データをDVD-RWなどに書き込んでしまうと、コピーでなくムーブ(移動)になってしまうことを警告している。

[画像のクリックで拡大表示]

 続いて、録画情報の確認画面に進むと、黄色いバーの中の右上に、ディスクのアイコンと、残りのコピー可能回数を示す「10」という数字が表示される。

[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、詳細情報を参照すると、ディスク作成可能回数が「あと10回」と書かれている。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら