2008年4月7日に単体発売することが解禁された、パソコン向けの地上/BS/CSデジタル放送チューナー。日経パソコンでは、アイ・オー・データ機器の「GV-MVP/HS」の試用レポートをお届けしたが、続いてバッファローが開発中の製品も試用することができた。ここでは、製品の概要、さらにはざっと使用感をご紹介したい。

 初めに整理すると、バッファローはUSBケーブルでパソコンとつなぐ外付け型の「DT-H30/U2」と、パソコン内部のPCIスロットに接続する内蔵型「DT-H50/PCI」の2製品を開発している。アイ・オー・データ機器とピクセラは内蔵型の開発を外付け型に先行させており、USB対応の外付け型はバッファローが一足先に市場投入することになる。いうまでもなく、外付け型ならUSBケーブル1本でつなぐだけで手軽に地デジ放送を楽しめる。もちろん、ノートパソコンでもOKだ。自作派ではない、大多数の一般的なパソコンユーザーは選択肢が外付け型に絞られるだけに注目である。

拡大表示
外付け型の「DT-H30/U2」は手のひらに乗るサイズ
拡大表示
内蔵型「DT-H50/PCI」はPCI対応。ちなみにアイ・オー・データ機器の「GV-MVP/HS」はPCI Express x1対応

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら