パソコンユーザーが長く待ちこがれていた、地上/BS/CSデジタル放送チューナーの単体販売が、2008年4月7日についに解禁された。これまでパソコンで地デジを視聴するには、地デジチューナーをあらかじめ内蔵したテレビパソコンを購入するか、解像度の低いワンセグチューナーで我慢するしかなかった。これからは、テレビ機能のない普通のパソコンでも、後から単体チューナーを購入することで地デジの視聴が可能になる。

 4月7日の解禁に伴い、複数のパソコン周辺機器メーカーが相次いで単体チューナーを発売予定であることを発表している。既にアイ・オー・データ機器やピクセラが正式表明しているほか、バッファローやエスケイネットなども準備を進めている。5~6月には各社の製品が店頭に出そろい、一挙に市場が広がることが期待できる。

 日経パソコンは、アイ・オー・データ機器が開発している製品「GV-MVP/HS」を試用する機会を得た。いち早く、製品の概要と使用感をレポートする。

2枚の基板を1スロット幅に集積

 まずはハードウエアから見ていこう。GV-MVP/HSは、デスクトップパソコン向けのPCI Express x1スロットに装着するボードである(図1)。PCIスロットではないことに注意したい。PCI Express x1スロットは、ここ2~3年の直販系のデスクトップパソコンにはおおむね備わっているが、それ以前の古いデスクトップ機や、大手メーカー製のデスクトップ機、省スペース型のデスクトップ機は備えていないこともあるので注意が必要だ。

図1 アイ・オー・データ機器の「GV-MVP/HS」

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら