スマートフォンには用途を絞ったアプリが数多く公開されており、地図検索関連でもいろいろな種類がある。標準の「マップ」より簡単に使えたり、ユニークな機能を備えたりしているアプリもあるので、ぜひチェックしておきたい。

 Androidには、Googleマップを提供しているグーグル自身が開発した地図アプリも用意されている。「プレイス」「ナビ」「Latitude」などだ。ラウンチャーのアイコンからそれぞれを起動できるほか、「マップ」中からも起動できる。iPhoneの場合は、「プレイス」と「Latitude」がApp Storeで無料アプリとして公開されている。iPhone版の「ナビ」はない。

Googleアプリを活用

 「プレイス」は現在地周辺にあるレストラン、カフェ、居酒屋、観光スポット、ATM、ガソリンスタンドなどを探すためのアプリだ(図A、図B)。アイコンやカテゴリーをタップするか、キーワードで検索する。各施設にはGoogleマップにある情報と同じ5段階の評価が付く。

●周辺施設情報を素早く検索する
図A 現在地の周辺施設を素早く検索するアプリ。Googleマップで検索するよりも簡単に使えるのが特徴
[画像のクリックで拡大表示]

図B Android版のトップ画面。iPhone版と機能はほぼ同じ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら