iPhoneやAndroid搭載スマートフォンは、「モバイルGoogleマップ」というアプリを搭載している。いずれも画面に表示されるアプリ名は「マップ」だ。さらに、カーナビのようにGPS機能を備えているので、パソコンより便利な使い方も可能になっている。

 GPSによる最大のメリットは、現在地を素早く確認できることだ。「マップ」をタップして地図を表示させ、「現在地を表示」ボタンをタップするだけでよい。間もなく地図上に青い目印が表示される(図1、図2)。「現在地を表示」ボタンは、iPhoneなら画面左下、Androidなら画面右上またはメニュー項目中にある。

●スマートフォンでGoogleマップを自在に活用
図1 iPhoneの「マップ」では、画面左下のボタンで現在地を表示する。2回タップすると方向が示される
[画像のクリックで拡大表示]

図2 Androidの「マップ」で、メニュー表示させた画面。現在地表示の操作はiPhoneと同様だが、機能や使い勝手で異なる部分もある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら