Googleマップには、道路沿いの光景をパノラマ写真のようにシームレスに見渡せる「ストリートビュー」という機能がある。目的地周辺の様子や施設の外観を細かく確認することが可能になる。

 ストリートビューで表示できるのは、主要な幹線道路沿いが中心。なお、表示されるのは撮影済みの光景であり、現時点の状況ではない。

 最近では世界の名所旧跡やスタジアムなどの有名施設も表示できるようになってきた。建造物や洞窟の中まで表示可能な場所もある。見知らぬ土地を“バーチャル散歩”したり、思い出の海外旅行を再体験したりするのも楽しいだろう。

 画面左上のナビゲーションコントロールにある「ペグマン」と呼ばれる人形のアイコンを地図上にドラッグすると、表示が切り替わる(図A)。道路沿いの矢印などのクリックで移動でき、ドラッグなどで上下左右に方向を変えられる(図B)。

●主要な通りの風景をシームレスに表示
図A ストリートビューを表示するには、地図上の見たい場所に人の形のアイコン(ペグマン)をドラッグする(1)。青線の表示がある通りであれば、ストリートビューを表示できる。青い点は登録された投稿写真
[画像のクリックで拡大表示]

図B ストリートビュー画面の例。通り沿いに示された矢印をクリックすれば道に沿って移動できる。画面上をドラッグして上下左右の方向をずらすことも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 ストリートビューの画面中に写真のサムネイルが表示されていれば、そこをクリックして、登録済みの投稿写真を表示できる(図C)。図Aの地図で青い点にペグマンをドラッグしてもよい。

 バーチャル散歩なら、Googleマップの「ストリートビュー」ページにある「ギャラリー」を利用しよう(図D)。国内外のさまざまな場所でストリートビューを楽しめる。「この場所をGoogleマップで見る」のクリックで、Googleマップでの表示に切り替えることも可能だ。

図C その場所で撮影した写真が投稿されていれば、ストリートビュー画面で写真表示に切り替えられる。視点を変えるように次々と表示させることも可能

●世界の名所を探訪できる「ギャラリー」
図D Googleマップが用意しているストリートビューの「ギャラリー」ページでは、お薦めの観光名所などを手軽に巡ることができる。右上ボタンのクリックでGoogleマップ表示に切り替えることも可能
[画像のクリックで拡大表示]

出典:日経パソコン 2012年3月26日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。