【Word 2010】

 差し込み印刷とは、ひな型文書にExcelのデータを埋め込んで印刷する機能。同じレイアウトを使いながら文書の一部をほかのデータに変えられるので、はがきのあて名や請求書の印刷などに使われる。差し込み印刷をするには、まずExcelで参照するデータを表にまとめよう。このとき各列の先頭にデータの見出しを入れておくと、後の作業がしやすい。次にWordでベースとなる文書を作成し、差し込み印刷ウィザードを使いながら、どの部分にどのデータを挿入するのかを設定すればOKだ。「封筒」であて名印刷が行えるほか、「電子メールメッセージ」を選べば文面の一部が異なるメールの一括送信も行える。

あらかじめ参照するデータをまとめたExcelの表を作っておく。
[画像のクリックで拡大表示]

印刷する文面を作成し、「差し込み文書」→「差し込み印刷の開始」→「差し込み印刷ウィザード」とクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

「文書の種類を選択」で「レター」を選択し、「次へ」をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら