【PowerPoint 2010】

 動画関連の機能が強化されているのも、PowerPoint 2010の特徴。ビデオの出力機能もその1つで、作成したスライドショーをWMV形式の動画ファイルに出力できる。サイズを小さくしたりスライドの再生時間を設定したりできるほか、ナレーションを吹き込むことも可能。動画に変換すればPowerPointがない環境でもスライドショーを見ることができる。

「ファイル」→「保存と送信」→「ビデオの作成」とクリック。再生環境やナレーションの有無、各スライドの再生時間を設定した後、「ビデオの作成」をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

スライドの内容がWMV形式で出力され、Windows Media Playerなどで再生できる。
[画像のクリックで拡大表示]

出典:日経ベストPC+デジタル 2010夏号 日経ベストPC+デジタル 2010夏号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。