前回の「ファンクションキーを使ってカタカナ変換する」では、ファンクションキーの[F7]キーでカタカナに変換・確定した単語が自動的に学習されると説明した。このような単語を「学習単語」と呼ぶが、ME-IME/ME-IME 2007の辞書ツールを使うと、これらの学習単語を一覧表示することができる。

 今回は、MS-IMEとMS-IME 2007それぞれについて、その操作方法を紹介する。学習機能によって、具体的にどのような単語が登録されているかを知りたいときは、この方法で確認してほしい。

◆学習単語を確認する(MS-IME)

言語バーの[ツール]ボタンをクリックしてメニューを開き、[辞書ツール]をクリックする

辞書ツールが起動したら、[ツール]→[抽出]を選択する
[画像のクリックで拡大表示]

[抽出]ダイアログボックスが表示されたら、[開始]と[終了]は空欄にし、[登録の種別]で[学習単語]だけチェックする。品詞はすべてチェックして[抽出]ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

学習単語だけが一覧表示される
[画像のクリックで拡大表示]

◆学習単語を確認する(MS-IME 2007)

言語バーの[ツール]ボタンをクリックし、[辞書ツール]をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

[ツール]→[フィルター]を選択する
[画像のクリックで拡大表示]

[フィルター]ダイアログボックスが表示されたら、[開始]と[終了]は空欄にし、[登録種別]で[学習単語]だけチェックする。[品詞]はすべてチェックして[実行]をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

学習単語だけが一覧表示される
[画像のクリックで拡大表示]