MS-IME/MS-IME 2007の初期設定では、読点は「、」で、句点には「。」が設定されている。しかし、文書によっては読点にカンマの「,」、句点にピリオドの「.」を使用する場合もある。また、最近は「,」と「。」を組み合わせるケースも少なくない。したがって、作成する文書に合わせて、使用する句読点の組み合わせを変更する必要がある。

 ここでは、MS-IME 2007を例に、句読点の組み合わせを変更する手順を紹介しよう(MS-IMEも手順は同じである)。なお、選択できる組み合わせは次の4つである。

 読点  句点 
  、   。 
  、   . 
  ,   。 
  ,   . 

言語バーの[ツール]ボタンをクリックしてメニューを開き、続いて[プロパティ]をクリックしてプロパティのダイアログボックスを開く
[画像のクリックで拡大表示]

[全般]タブの[句読点]で次の4つの組み合わせのいずれかを選択する
[画像のクリックで拡大表示]

 以上で設定完了だ。設定による違いは以下のとおりである。

読点(、)と句点(。)の組み合わせ(初期設定)

読点(,)と句点(.)の組み合わせ

読点(、)と句点(.)の組み合わせ

読点(,)と句点(。)の組み合わせ