IMEは「Input Method Editor」の略で、一般的には日本語を入力・変換するソフトウエアのことを意味する。そして、マイクロソフトが提供するIMEには、MS-IMEとMicrosoft Office 2007(以下、MS-IME 2007)の2つの種類がある。

 Windows Vistaに標準で付いているのがMS-IME、Office 2007がプリインストールされたWindows Vista搭載パソコンに付いているのがMS-IME 2007だ。Windows VistaにWord 2007やExcel 2007などのOffice 2007をインストールしてもMS-IME 2007を利用することになる。

 両者の関係だが、MS-IMEの高機能版がMS-IME 2007ととらえればよい。自分のMS-IMEがどちらなのか定かでない方は、まずはそれを確認しておこう。言語バーのアイコンが異なるため、見れば一目瞭然だ。

MS-IME(Windows Vista標準のIME)の言語バー

MS-IME 2007(Office 2007に付属するIME)の言語バー

 また、各アイコンのマウスポインタを合わせると、ツールチップ(マウスポインターの下に表示される機能に関する説明)にIMEの種類が表示される。

MS-IME(Windows Vista標準のIME)

MS-IME 2007(Office 2007に付属するIME)

 なお、本連載ではMS-IME 2007をメインにさまざまなティップスを紹介するが、MS-IMEとMS-IME 2007で機能・操作が大きく異なる場合は、適宜、補足する予定である。