[画像のクリックで拡大表示]

 「スタイラス1」は、プロ向けのデジタル一眼に迫る撮影性能を小型軽量ボディーに凝縮した、レンズ一体型の高倍率ズームデジカメだ。

 特徴の1つがレンズ性能の高さだ。35ミリ判換算で300ミリ相当の望遠撮影ができるだけでなく、レンズの開放F値がズーム全域でF2・8と明るいのが特徴。薄暗い室内や望遠での撮影時も光を多く取り込めるため、明るく仕上げるのにISO感度を上げずに済み、きれいに撮影できる。レンズが明るいため、大きなボケのある描写に仕上げやすい。

▼広角から望遠まで1台でカバーできる
広角側は28mm相当で、広がる風景をワイドに撮れる。望遠側は35mm判換算で300mm相当までズームでき、遠くの被写体も精細に大写しできた。撮影の幅の広さが、スマートフォンにはない魅力だ
[画像のクリックで拡大表示]

▼薄暗い室内でも感度を上げずに撮れる
薄暗い室内の人形を撮影。絞り開放にしたので感度の上昇を抑制でき、ノイズは少ない。大きくきれいなボケも注目だ
[画像のクリックで拡大表示]

明るい屋外でペットを撮影。頻繁に動き回っていたが、ピントは素早く合った。300mm相当の望遠撮影でも、手ぶれせず精細に仕上がった

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら