これさえあれば、焼肉を食べた気になれる?

 世間は忘年会シーズンの真っただなか。年末に向けて、飲み会や食事会に出かける機会が増えたという人もいることだろう。今回のスマホアクセサリー調査団は「家にいながら、焼肉を食べたような気になれる」というコンセプトのアクセサリーを調査しようと思う。バーチャルリアリティ(仮想現実)が発展してきた世の中とは言え、「焼肉を食べたような気になれる」とは一体、どういうことなのだろうか。

 今回、実際に試してみるのは、着パフとカヤックが共同開発した「鼻焼肉キット」というアクセサリーだ。その名の通り、スマートフォンを使って、鼻から焼肉の香りを嗅ぐガジェットとなっている。個人的な見解としては、人間の五感のなかでも「料理の香りを再現する」というのは、かなり高度な技術ではないかと思う。香りが似ているだけでは満足しない。食欲まで増進しなきゃ意味がない! と筆者は思っている。

 今回手に入れた鼻焼肉キットは、意外にも、白くてシンプルな箱に入っていた。鼻焼肉というネーミングからして、もっとユニークなパッケージを想像したが少し違う。外観のサイズからして、指輪を入れるボックスにも似ている。そして箱を空けると、デバイスと充電用USBケーブルが同梱されていた。さっそく、充電用USBケーブルを使ってデバイスの充電を始めた。

着パフとカヤックが共同開発した鼻焼肉キット。小型カメラのようなデバイスをスマートフォンに差し込むと、焼肉の香りがするらしい。本当なのか?!
[画像のクリックで拡大表示]

鼻焼肉キットのパッケージはシンプルでかっこいい。香りを噴出させるデバイス以外にも、充電用USBケーブルが同梱されている。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら