2013年、数多くの流行語が登場

 2013年も残すところ、あとわずか。気が付けば、季節は12月となり、いわゆる「暦の上ではディセンバー」(NHK連続テレビ小説「あまちゃん」に登場した架空アイドルグループ「アメ横女学園芸能コース」の楽曲名)という時期に入った。先日発表された「2013 ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)では、年間大賞に「今でしょ!」「お・も・て・な・し」「じぇじぇじぇ」「倍返し」の4つが同時入賞するなど、今年は例年以上に激戦だったようだ。

 世の中にブームが起きると、必ずと言っていいほど関連グッズが販売される。これはいつの時代も変わらない現象だろう。特に最近では、世相を反映したスマホアクセサリーも人気だ。実際に、家電量販店や通販サイトをのぞいてみると、その年に流行した言葉やキャラクターをモチーフにしたiPhoneケースが数多く並んでいる。まさにiPhoneケースは、現代社会の流行に最も敏感なアイテムとなっているようだ。

 そこで、今回のスマホアクセサリー調査団は、2013年に流行したキーワードをiPhoneケースで振り返ってみようと思う。思わず口にした「あの名台詞」を思い出しながら、今年1年をぜひ振り返ってほしい。また、数年後にこの記事を見返した時、「今は言わなくなったけど、2013年はこんな流行語があったなぁ」と懐かしんでもいいだろう。それではさっそく調査を開始しよう!

12月に入り、2013年も遂に大詰めだ。今年はインパクトのある流行語が数多く生まれた年だった。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら