今では、容量数百GBのクラウドストレージも珍しくない。しかし、さすがに容量無制限の「Bitcasa(ビットカーサ)」には驚いた。初めて聞いたときは、かなりキワモノ的なサービスかとも思ったが、徐々にユーザーも拡大し、信頼に足るサービスとして広く知られるようになった。これまで米国を中心にサービスを展開してきたが、いよいよ日本でも正式にサービスを開始。さっそく、容量無制限の有料プランに申し込んで、機能や操作性をチェックしてみた。

[画像のクリックで拡大表示]

エクサバイト対応!? 月10ドル(年99ドル)で容量無制限

 米Bitcasaが提供する「Bitcasa Infinite Drive」(以下、Bitcasa)は、容量無制限のクラウドストレージサービスだ。従来から一部のユーザーには注目されていたサービスだが、先日、日本を含むアジア市場でも正式に提供を開始し、インタフェースも日本語に対応した。

 Bitcasaでは、無料/有料の2プランが提供される。無料だと10GBまで、有料だと月10ドル(年99ドル)で容量無制限で利用できる。さっそく筆者も有料プランに申し込んだので、操作性・機能をレビューしよう。

 次がWebブラウザーでBitcasaにサインインした画面である。

WebブラウザでBitcasaにサインインした直後の画面。
[画像のクリックで拡大表示]

 このように、BitcasaはWebブラウザーだけで利用できる。ファイルのアップロード/ダウンロードも可能だ。

 ただし、後述するように、WindowsのデスクトップアプリやiOS、Android用アプリも用意されているので、実際の運用では、これらの専用アプリと併用することになる。例えば、Windowsのデスクトップアプリをインストールすると、BitcasaがWindowsのドライブとして追加され、通常のドライブとして利用できるようになる。

 なお、その際の容量は、OSが対応できる上限の「7.99EB(エクサバイト)」と表示される。ちなみに、GB(ギガバイト)の上がTB(テラバイト)で、その上がPB(ペタバイト)、その上がEB(エクサバイト)である。

Windowsのデスクトップアプリをインストールすると、Windowsのドライブとして認識される。容量は「7.99EB(エクサバイト)」だ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら