スマートフォンの機能アップは日進月歩である。2012年後半に登場したモデルでは、無線LANルーターとしても使えるテザリング機能が全機種に付いた。CPUや通信の高速化も進み、画面操作も一層快適になった。これらの新体験を手に入れたいという買い替えの動機は、パソコンより強いといえそうだ。

 スマートフォンは端末代が5万~8万円で、利用契約期間は端末の割賦販売を前提とした2年が主流になっている。このため、2年がたつのを待って、即座に機種変更するユーザーが多い。「従来の携帯電話端末では約3.5年だった平均使用年数が、スマートフォンに限ると契約期間と同じ約2年に縮まってきている」(ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンの堤健一郎氏)という。

中古品売却の裏技も

 スマートフォンを2年で買い替えるのは、ランニングコストを考えても合理的だ(図1)。例えば、ソフトバンクモバイルと「iPhone 4」の利用契約を交わしたユーザーが2年後に機種変更するケースを考えてみよう。iPhone 4の端末代金は約4万6000円。これを2年間かけて分割払いにすると、1年間で約2万3000円を支払うことになる。利用料金は、2年間適用される「月々割」を考慮すると、毎月約3800円。年間では約4万5400円だ。端末代と利用料金を足し合わせると、iPhone 4の使用コストは年額で約6万8500円かかったことになる。

●スマートフォンの買い替えは2年後が最適
図1 スマートフォンを契約すると、約5万~8万円の本体を分割払いで購入することになる。機種変更の頻度が高いほど、最新機能を快適に使えるが、その購入金額はかさむことになる。ただし、端末代を分割払いで支払う2年間は通信料金の割引がある点を考慮すると、買い替え期間を2年から4年に延ばしても費用負担の総額は抑えにくい。図では、iPhoneのメモリー容量が最も小さい機種を選ぶ場合で年間コストを比べた
[画像のクリックで拡大表示]

 これに対して、「iPhone 4S」を使っていたユーザーが1年間で機種変更する場合はどうか。毎月の利用料金の負担は変わらないが、端末代金約4万6000円は1年間で支払うことになるので、使用コストは年額約9万1500円まで跳ね上がる。

 では、「iPhone 3G」を4年間使い続けた場合には、年間コストが安くなるだろうか。1年当たりの端末コストは1万7300円に減るが、月々割の適用は2年間で終わる。こうした条件を勘案すると、4年の平均年間コストは約7万4200円となる。iPhone 3Gだけ端末価格が約7万円と高いこともあって、iPhone 4から2年で変更する場合より少し高くつく。これなら2年ごとに買い替える方が良さそうだ。

 もっとも、使っているスマートフォンが人気機種であれば、購入から2年たっていなくても機種変更コストを抑えることが可能。中古市場を活用するのだ(図2)。例えば、中古品売買を全国規模で手掛ける大黒屋は、iPhone 4S(16GB)を最大2万円で買い取る。ここで回収した金額を充てれば負担は軽くなる。

●中古市場を活用して総費用を抑える
図2 大黒屋秋葉原店における主な中古スマートフォンの売買価格。人気製品なら古くても値が落ちにくい
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、以上のような使用コストに関する事情は、端末がAndroid搭載機の場合でも、大まかには同じだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら